イベントやお祭りの規模に合わせて広島県内にて検定合格者の配備も行っています

求人応募・お問い合わせ オフィシャルサイトへ

広島の警備・株式会社カルフート警備保障の指針

各種イベント会場などの雑踏警備を広島にて承っています

広島の警備・株式会社カルフート警備保障の指針

雑踏警備を広島県内にて行っており、主に花火大会やお祭り・様々なフェスティバルの開催時に会場内へ適切な数の警備員を配置して来場者の方々の安全を守っています。
ただ警備員を配備すればいいというだけの仕事ではなく、雑踏警備の際には検定合格した警備員をイベント会場の規模や人数・会場の個数に応じて配備する必要があります。イベント関係者だけで各種警備を行えばいいという問題ではなく、必ずプロによる警備を行わなければならない仕事となっています。


お祭りやイベントなどの雑踏警備を広島県内で行っています

雑踏警備業務という言葉は一般的にはあまり認知されていないかもしれませんが、お祭りや花火大会・音楽フェスなどの人や車などが大勢集まるイベント会場において、事故やトラブルを未然に防ぐための業務を指します。仕事内容は歩行者の安全確保や会場に来場された人々や車が混雑しないようにする誘導などで、渋滞を防ぐ・人の流れを規制するといったほかにも雑踏事故が起きないようにするための重要な役割を担っています。
万が一事故やトラブルが発生した際には速やかにトラブルを収拾することで事故の拡散や群衆の混乱を防ぎます。イベントの種類や規模・人口密度や場所などを問わず、雑踏事故は群集心理の変化などによっていつでもどこでも発生する可能性があります。安心・安全なお祭りやイベントの開催のため、そしてそこへ来場される方や主催者の方の人命・財産を守るために、広島県内の各地にて雑踏警備の仕事を行っています。

雑踏警備において必要な検定合格者を配備いたします

お祭りやイベントなどを行う際にはその会場の規模や集まる人数などに関わらず、一定数の検定合格者を会場内に配備することが警備業務法にて定められています。ただ警備員を配備すればいい、というわけではなく雑踏警備を行う場所ごとに1級または2級の検定合格警備員を1人以上配置することが法律上義務付けられていますので、「イベントに関わるスタッフだけで交通誘導や来場者の管理を行えばいい」というわけにはいかないのです。
さらにイベントを行う会場の広さや予想される来場者の数・その他の道路交通の状況・イベント会場が2箇所以上の区域に分散されるといった場合には、級検定合格者警備員を必ず1人配置する必要があります。こういった法律上の決まりがあることはもちろんですが、雑踏警備を行うためにはやはり何かトラブルが発生した際にも迅速な対応ができるよう、専門の知識と技術を持ったプロの警備員が携わる必要があります。

イベントの規模に関わらず広島県内にて雑踏警備を行います

雑踏警備では警備業務法においてお祭りやイベントなどの際に適切な人数の検定合格警備員を配置するよう決められていますが、これは小規模なイベントであっても必ず守らなければならない決まりです。イベントの種類や会場の規模・屋内開催・屋外開催や来場される方の予想人数・会場内の人口密度に関わらず、雑踏事故は思わぬタイミングで起こります。特に複数の人々が集まると群集心理が働き、何かしらのトラブルが発生すると衝動的に興奮性が高まってしまい、判断力や理性的思考が低下してしまいます。
それによって動線上にボトルネックが発生してしまうなど、元々は小さなトラブルであったものが大きな事故につながってしまう可能性も考えられるのです。こういった事故を未然に防ぐために、必ず雑踏警備際にはイベント規模の大小問わず、すべての会場において検定合格者である警備員を既定の数以上配備する必要があるのです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。