工事現場や各施設など広島県内の警備を行う場所ごとに配慮した交通誘導を実施します

求人応募・お問い合わせ オフィシャルサイトへ

広島の警備・株式会社カルフート警備保障の理念

交通誘導での警備を広島県内にて行っています

広島の警備・株式会社カルフート警備保障の理念

交通誘導警備といっても様々な場所での仕事があり、仕事を行う場所によって様々な対応が求められます。例えば道路工事を行っている現場での誘導は人と車の接触事故が起こらないように注意する必要があり、工事現場での誘導では工事用車両など大型の車輌が安全に通行できるように配慮いたします。
ショッピングモールなどの駐車場内における誘導ではその施設で働く一員としてイメージを損なわないよう、マナーとお客様への対応に配慮した仕事をします。交通誘導の仕事全般を広島県内にて承っています。


道路工事現場での交通誘導警備を広島市にて承っています

道路の新設や維持・修繕のための工事や水道・下水道・ガス・電気・通信事業者等の占用事業者が行う工事において、道路上で行われる作業の際に一般交通が通常通りに流れるよう誘導する業務を行っています。皆様も街のあらゆるところで、交通誘導の警備をされているシーンを見かけるのではないでしょうか。交通誘導警備は、「一部区間における道路の全体を通行止めとする場合」や「片側交互通行の場合」等、様々な種類がございます。
片側交互通行の場合は現場へ進入してくる車を片側ずつ交互に停止させ適切な誘導を行う仕事となっており、訓練と慣れは必要ですが比較的簡単なお仕事となります。道路全体を通行止めにする場合には通行止めの看板を現場に設置し、進入してくる車に対して合図を送ることで停止させます。その際に迂回路の説明といったことも行いますので、そこを通られる方の目的地まで適切な道案内を行わなければならず、高度な知識と技術が必要になります。

工事現場での車両誘導の警備を広島にて引き受けます

建築工事ではその現場に携わる職人の方々や建築現場で使用する車両・その建物に関わる人々など、様々な車や人が出入りします。こういった現場には障害物や危険物も多く、また死角になりやすい大型の車輌もたくさん出入りするため、人と車両や危険物・障害物などが接触事故を起こさないように適切な誘導を行う必要があります。
建築工事を行う現場においての警備では「工事現場の敷地への出入り口」と「敷地内」に警備員を配置し、車や人を安全なルートで誘導いたします。特に大型の車輌や多くの物資を積載した工事用車両においては死角に人や車両・障害物や危険物などがないかをしっかりと確認し、バックでの移動などを安全に行えるよう誘導の業務を行っています。工事現場の入り口周辺を歩行者や一般車両・自転車などが通行される際には、まず一般交通の人命や財産を優先しつつ、安全に工事用車両や物資などの移動ができるよう誘導いたします。

商業施設においての交通誘導警備を広島にて行っています

ショッピングモール・大型の複合商業施設などでは人や車の出入りが非常に多く、場内での接触事故などの危険性が大変高いため、駐車場内の車両と人の誘導を適切に行う必要があります。また出入口近辺を通行されている一般車両やお客様以外の通行人の方にも配慮を行う必要があります。施設の外で交通渋滞が起きないよう、また事故やトラブルが起きないように歩行者や車両の安全確保のための誘導と、駐車場内の誘導の2つを適切に行います。満車などの場合は看板を掲げて車両の案内を行い、施設外の道路に交通の混乱や渋滞が起こらないよう気を付けます。
警備員はショッピングモールや複合商業施設などでお客様が一番はじめに目にしますので、そのイメージがお店のイメージにつながると言っても過言ではありません。お店のイメージを傷つけないよう、適切な交通誘導警備を行うだけでなく、マナーやお客様への接し方にも気を配り広島にて業務にあたっています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。